風俗の仕事を調べよう

学費を自分で支払うために

授業のある日の前日

学生は、翌日の朝早くから授業がある時は遅くまで働かないことをおすすめします。
仕事をしてから学校に行っても、寝不足で授業に集中できないでしょう。
勉強できなくなってしまうので、成績が下がります。
学校に通って勉強するために風俗店で働いているのに、仕事が原因で勉強が疎かになったら意味がありません。
そのため、シフトを自分で決められる風俗店が好ましいです。

授業の日程が決まってから、お店に伝えてください。
するとそれを理解して、シフトを組んでくれるので学業に支障を与えることはないでしょう。
また自分が空いている日を申告して、シフトを決めるシステムの風俗店でも良いと思います。
シフトの決め方を前もって知っておきましょう。

まとまった休みをもらうため

テスト前は集中して勉強できるように、まとまった休みをもらってください。
しかし人数が少ない風俗店で働いている場合は、希望する日に休みをもらえない可能性があります。
自分が休みたいと言っているのに、無理にシフトを入れられるかもしれません。
そうなったら勉強の計画がスムーズに進まないので、働いている人数が多い風俗店を選択してください。

求人に応募する前に、人数を知ることが重要です。
風俗店のサイトを見ると、人数がしっかり記載されていると思います。
10人以下でシフトを回しているところは、休みを確保しにくいので避けてください。
時給などの条件が良いことは重要ですが、休みを確保できない風俗店で働いてはいけません。
よく確認してください。


TOPへ戻る